マンションを貸すことによるメリットとデメリットを考えた

住まない家の買取査定が低く、家を貸すという選択肢

マンション購入したのに転勤することに築浅マンションでも買取価格は安くなる住まない家の買取査定が低く、家を貸すという選択肢マンションを貸す際のデメリット

マンションを売却して住宅ローンを決済する方向に進むのはすっきりすることが出来るという意味ではメリットがありますが、殆ど住んでいないのに価値が大幅に下がっているために借金しか残らないというのが非常に悔しく感じました。
この様な状況にありましたので私は資産運用の一つと割り切って賃貸住宅として借り手を探すという方向性を選択しました。
またこの様な選択をしたことにより、様々な経験をすることが出来たのです。
どちらを選択してもメリットとデメリットがありましたので、今になって振り返ってみるとしっかりと考えてよかったと感じました。
まず私の選んだ賃貸物件にして運用する方法ですが、折角購入した資産は手元に残しておくことで初めて資産になるということをしっかりと意識しておけば必然の判断であったと言えます。
メリットとしては借り手がすぐに決まってくれれば家賃収入が入りますので自分で生活することを考えても定期収入が得られるという意味でメリットが大きかったと感じています。
借り手がいて、トラブルが発生しないのであれば非常に魅力的な収入源になっていただろうと思います。
しかしながら実際には様々なトラブルが発生するのが一般的であり、メリットの恩恵を最大にするのが難しいということも分かりました。