アレルギー性鼻炎薬

アレルギー性鼻炎薬

 

アレルギー性鼻炎って、結構軽く見られがちですが。

 

確かに大病を患う方からしてみれば些細な事かも

 

しれませんが、私自身もアレルギー性鼻炎なので

 

いつも風邪?って勘違いされる位の回数の多い

 

連続したくしゃみに悩まされてます。

 

くしゃみ自体、私としては、あまり苦にはしてないのですが、やはり

 

周りから風邪と思いこまれて露骨にマスクを着用

 

されたり「風邪、伝染するから傍に寄るな」と言われる等

 

何気に傷ついたりした経験があります。

 

少しでも改善できるなら、やはり治していきたいと思ってます。

 

そこで、独自に、どんな治療薬があるのか調べてみました。

 

アレルギー性鼻炎子供

 

アレルギー性鼻炎は子供でも充分に発症する可能性があるものなんですね。

 

アレルギー性鼻炎ってのは子供には無縁だと思ってたんだけど。

 

そんな事は決してなくて・・・・・・・。原因として挙げられるのは

 

一概にいう事は出来ませんが。

 

親の体質を受け継いだり、食事・生活環境等

 

密接に関わってきます。

 

他に、ホコリ・ダニ・花粉・昆虫・動物のフケや毛など。

 

こうして挙げてみると、なるほど、大人から子供まで、確かに接触する

 

機会がある物ばかり。

 

では、何に気を付けて生活すればいいのでしょう。

 

アレルギー性鼻炎薬は沢山出回ってますが

 

素早く症状を緩和してくれる優れものばかりですが

 

まず、血液検査等で、原因物質を究明することが大事ですね。

 

 

原因物質が判れば可能なら排除すれば、症状を軽減させられます。

 

原因がハウスダスト等によるものなら、室内の清潔を保つこと。

 

空気清浄器等、用いたりマスクをして体内にアレルギー物質を

 

取り込まないようにするのも良いと思います。

 

また治療法として「減感作療法(げんかんさりょうほう)」という

 

方法もあるそうです。

 

初めて聞く方法ですよね。

 

どういうものかというと、原因物質の抽出液を微量づつ注射して

 

 

体を慣れさせるという方法

 

なんだって。

 

ですが、アレルギー物質を体内に入れるわけですから、慎重に行う

 

必要がありますので手間と時間が掛かるそうです。

 

メリットで言えば、体の免疫の過剰反応をゆっくりコントロールして

 

くれるので、やがて薬が不要になる。

 

デメリットは、それなりに危険を伴う点。アナフィラキシーを起こす事も充分考えられます。この辺りは、医師と相談して、互いに納得してから治療に入りましょう。

 

子供のアレルギーも注意してあげましょう、辛い症状に合せて薬を選びましょう

 

上記の詳細を熟読した上で体質・体調に合わせて薬を選びましょう

 

アレルギー性鼻炎治療

 

 アレルギー性鼻炎を治療したい!たった一度でも本気で思った事が

 

ある方は必見ですよ。

 

残念ながら、アレルギー体質そのものを改善する事は難しいようですが

 

 

今は良い薬も、どんどん開発されてますので快適な生活を

 

諦める必要など、全くありません。

 

では早速、まず、サラッと、アレルギー性鼻炎とは、どういった物かを述べます。

 

アレルギー性鼻炎は通年性と季節性があり、季節性の物の代表的なのが、春先に苦しめられる人が多いとされる花粉症があります。また空気が乾燥する季節に限って、鼻炎を起こすケースもあります。

 

因みに、通年性のアレルギーの主な原因としてダニ・カビ等となっています。

 

では、まず、治療の第一歩としてご自身の鼻炎が、アレルギー性

 

鼻炎なのか、非アレルギー性鼻炎なのか鑑別する事から始めましょう。

 

主に使われる治療薬が抗ヒスタミン薬です。

 

眠くなる作用が有ったのが問題でしたが、第三世代の抗ヒスタミン薬である

 

アレグラ・クラリチン眠気が起きにくいものとして広く浸透してます。

 

眠気の問題がクリアー出来なくて諦めていた方も是非、安心して

 

試してほしいと思います。

 

特に眠気が起きても構わない!という方には第二世代抗ヒスタミン薬

 

ジルテック・アレロック・タリオンが用いられてます。第二世代のこれらの薬は

 

抗ヒスタミン作用が強くなってます。

 

体質・体調、用途に合わせ、ご自身と相性の良い薬を選んで治療に専念

 

するようにしましょう。

 

 

花粉症一年中

 

 花粉症って春先のイメージを持つ方が非常に多いと思いますが。

 

実は「花粉」そのものは、一年中飛散してるという調査結果を

 

あるサイトで目撃しました。

 

ただ、その「花粉」にアレルギー反応を起こすか起こさないか。

 

起こす人が多いか少ないかの差なんですよね。

 

有名なのが冬の終わりから春にかけて飛散するヒノキ・スギですね。

 

これ等の飛散がピークを過ぎ落ち着いた後も、実は新たに

 

他の花粉が飛散を始めています

 

例えば夏場はイネ・シラカンバの花粉が飛散してます。

 

この花粉にアレルギー反応を起こす方は、もちろん、春先に感じるような

 

あの不快な花粉症症状を引き起こします。

 

更に秋には、ブタクサ・ヨモギの飛散が始まります。

 

冬はカナムグラと飛散は一年中続きます。

 

私の周辺にも少人数ではありますが一年中花粉症に苦しむ

 

人が居ます。

 

そういった少人数の人たちの取ってる対策は

 

 

別段、特別なものでも無く。外出時のマスク・メガネの着用。

 

帰ってきたら、うがい手洗い、そして抗ヒスタミン薬の服用です。

 

幸いにも、それで充分な対応が出来るのです。

 

仮に店頭の花粉症関連の商品やアレルギー性鼻炎薬が

 

品薄になっても通販なら昼夜・季節を

 

問わず、いつでも入手できますので利用して見ては如何でしょうか。

 

春先が過ぎれば患者は激減し、病院も余り混まずにスムーズな

 

診察が受けれるかもしれませんが、ほんの少しの心掛けと薬で

 

オールシーズンを快適に過ごしましょう。

 

辛い花粉症は、ちょっとした努力と鼻炎薬が症状を大きく緩和します。

 

頼り過ぎは良く有りませんが無理はせず、その辛い症状、緩和しましょう

 

花粉症だるさ

 

 花粉症は不快な鼻炎症状や、結膜炎等の眼の痒みだけでなく

 

時に、だるさが起こる事が有ります。発熱してる時のような

 

独特の倦怠感というのか脱力感というのか・・・・・・。

 

実際私自身、この「だるさ」は毎年、体感してます。

 

何とも言えない不快な症状なんですよね。

 

加えて鈍い吐き気のようなものを感じる事がシバシバあり。

 

病院に行くと単純に簡潔に「風邪ではありません!」って

 

診断で話が終わってしまうんだけど、この実際に感じてる

 

だるさと吐き気の原因は、どこにあるんだろうと、どうすれば

 

改善するんだろうと色々と調べてみましたので調査結果を発表します。

 

だるさの一番の要因ってのが身体の免疫の反応が

 

いつも以上に体力を消耗させてしまう為でした。

 

けれど逆に免疫が低下すると吐き気などの症状が現れるそうです。

 

私の場合は大事な会議が有るからとか、大事なお客様と

 

会う約束が有るからと、傍から見れば過剰と思われるぐらい

 

薬に頼ってたんだけど、これが良くなかったみたいです。

 

結果、免疫を低下させ余分な不快症状を誘発させる

 

結果になってました。

 

こうなってしまった場合の一番の対策としては薬に

 

頼るのではなく、まず、質の良い睡眠を取り

 

しっかり休養し、ストレスを発散させるようにしましょう。

 

シンプルで、お金も掛からないストレス発散法で

 

 

「笑う」という方法が有ります。

 

医療の現場でも実際に注目されてる

 

立派な療法です。

 

花粉で辛い時期

 

無理をせず、適度に薬を用いて笑って

 

免疫力をアップして乗り切りましょう。